Test Ride 3


昼過ぎに目を覚ますと、予想に反して外はイイ天気。
時間もあったので2度目のテストライドをしてみることに。

今回は自宅周辺の街乗りと、坂道中心のコース。

まずは前回からの課題、ハンドル周りのポジション。

50mmステムに付け替えバーの角度を少ししゃくり気味でセッティング。
だいぶリラックスできるようになり、登りではもう少し低めにしてもよさそう。
サドル高を少し余裕のあるポジションにして、スペーサーを一枚抜き
上ハン落差0のランドナーマナーでいくことに決定。

次はドライブ周り。

スタンドでのセッティング時にはスムースで完璧だったディレイラー調整ですが
実際にトルクをかけて走行してみると、ところどころ引っかかりがあります。
シフターのアジャスターで追い込んでみるも、完璧にはならず…。

ま、フロント周りも含め構成がアブノーマルなのである程度の妥協は必要かも。
ここも、ハンドル周り同様、要因が様々で問題の特定が難しい部分です。
チェーンのコネクトリンクやディレイラーハンガー自体が原因の可能性もあります。

そして、前回は検証する余裕のなかったQ-ファクター
結論から言うと、すぐに慣れました。

Fixedからの移行のため、むしろフリーの違和感のほうが大きかったです。
カーブに進入するときにクランクで勢いを調整できない怖さといったら…。

もともとスキッドを多用する乗り方だったので
サドルを前よりにセッティングして骨盤を垂直に立てない、上から踏み下ろすような
ペダリングだったのが幸いしているのかもしれません。

背中を丸めペダルを前に蹴り出す、所謂正しいペダリングではありませんが
徒歩で山を登るような、高トルクな踏み方ができます。

しかし、これは裏を返せば高ケイデンス向きではなく
つい、重いギアを踏みたくなってしまうので、膝にはあまりよろしくないかも…。
Q-ファクターの広さというより、 それに適応した踏み方で膝に負担がかかると。

実際、走り始めると36-12を多用、速度が乗ると36-11でも足りない感じ。
もう少し、リラックスした乗り方に矯正する必要がありそうです。
おもにマインドを…。

最後に、このバイクを作ってみて感じたことは
乗り味も踏み心地も今まで体験したことのない新鮮さで
全く新しいジャンルのため、いろいろな可能性がありそうだという事。

ファットフレームにドロップハンドル、BMXクランクにサムシフター9s
ロードレバーでディスクブレーキ、ターボサドルにアジャスタブルシートポスト
そして、用途はロングライド。

かなり無茶な構成ですが、非常に楽しい組み立て作業でした。
やはり、自転車は好きなように自由に乗ればいいのではないかと…。
法律と道徳さえ守れば、何でもアリな楽しい世界だと思います。

さて、あとは鍵やライトやバッグやボトルケージなどなど、装備品に
頭を悩ませつつ、梅雨明けにはロングライドを試してみたいと思います。


2 comments:

  1. 僕から見ると素晴らしいパーツ構成だと思います!
    色んな可能性を秘めた、ジャンルレスな雰囲気が最高です。

    私的にもファットバイクは走破性は勿論ですが、
    ロングライド・ツアラー向きでは?と感じております。

    ロングライド報告、楽しみにしております。

    ReplyDelete
  2. twenty7fatbike様

    ありがとうございます!
    ジャンルレスとは嬉しいお言葉です(笑)

    長距離を踏めそうな感じはするんですが
    あとはどんなツーリングスタイルで行くかなんですよね。
    都市間アタックや峠越えやS24Osと呼ばれるキャンツー…
    ツアラーといえばのブルベなど、いろいろあって悩みます。

    ネタバレですが、今回のコンセプトがファットパスハンターなので
    やはり峠と林道にはアタックしてみたいところです。

    ReplyDelete

Note: Only a member of this blog may post a comment.