Chainline


クランクを取り付け、フロントドライブ周りの仮組みが終了したところで
いよいよ、チェーンラインの計測をしてみたいと思います。

まずは、リアから…




特製チェーンライン計測ゲージ(Lアングルに10mmの穴を開けただけ)を基準に
実測で、オフセット込み、62mm

で、次はフロント




こちらは、シートチューブ基準で
実測、66.5mm

その差は、4.5mm
う~ん…微妙なところ…。

スプロケはBBカップぎりぎりの位置にあるので、これ以上詰めようとすると
FDプレートを抜くか、BBをノーマルのユーロにするかしかありません。

しかし、FDプレートを抜けば、ガイドがつかなくなり
ノーマルユーロにするとクリアランスの問題で、これまたガイドがつかない…。
さらに、タイヤとチェーンの干渉のことも考えないといけなくなりそうです。

ただ、シマノの同グレード同士の組み合わせでも
FDのクリアランス確保のためか、フロントが3mmほど外に出ることがあると知り
なら、4.5mmも、なんとかなるのでは?という期待を込めつつ
とりあえず、このまま行ってみる事に。

ちなみに、SURLYの135mm SS Hubの場合、チェーンラインは
オフセット込みで、71mmぐらいになりそうなので
Fixed Hubでも同じぐらいだとすると、換装する場合はFDプレートを抜き
6mmほどスペーサーを入れれば、チェーンラインは完璧にできそうです。


No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.