Surly Moonlander Fork


フォークは完成車も採用している、オフセットなしのMoonlander Forkに。




Moonlander Forkに比べ、クリアランスは少し狭いものの
オフセットしたPugsley Forkを使えば、リアとフロントホイールの入れ替えが可能。

当初はオフセットフォークを使い、ギアードとフィクストで組もうとも思ったのですが
ギアードがフロントにきたとき、ハブフランジ間の狭さと
オフセットした、片側スポークホールの穴あきシングルリムが
強度的に大丈夫なのか心配だったので、今回は見送り。

Moonlander Forkなら100mmリムに4.7"タイヤが入るので
超ファットフロント仕様のファットバイクにもできます。

さて、こちらも自作ベースプレート工具(塩ビパイプ)で、ベースプレートをセット。




セットが完了したら、このままの勢いでフレームに挿入。




とりあえず、5mmのスペーサーを5枚入れ
手持ちのステムを付けて、本日の作業は終了。

ところで、コラムの長さって皆さんどのように決定されてるんでしょうか?
ググっても、これといった基準も無く、今までと同じ長さにカットって方がほとんど。

海外フォーラムのファットバイクの画像を見ていると
異様に長い人が多いのですが、これは体格の違いからくるものなのか
超アップライトなポジションがデフォなのか。

やはり実際に走ってみて決定するしかなさそうなので…。
完成してしばらくは、このコラム突き出た状態で走ることになりそうです。


No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.